養育費とは

子どもを育てるのには、衣食住費や教育費はもちろんのこと、医療費や娯楽費など多くの費用がかかります。子どもを養い育てていくのに必要な費用が養育費です。

離婚によって夫婦の関係は解消されますが、親と子の関係は解消されず一生涯続きます。そして、親は子が成人するまで扶養する義務を負います。その扶養する義務は子と一緒に生活をしていない親ももちろん負うこととなります。

よって養育費は支払額・支払い期間・支払い方法は夫婦が揃って決定するのが理想です。

養育費の支払額

養育費の金額は基本的には離婚をする夫婦の話し合いによって決めることになります。現在の子どもの養育にいくら費用がかかっているのか、また将来的に子どもが成長していく上でどのくらいの費用がいくらかかるのかを検討する必要があります。夫婦の各々の財産や生活水準、今後の収入の見込みを考えた上で最終的な養育費の金額を算出して下さい。

しかし、なかなか養育費の支払額が決まらない場合は、養育費の算定の目安として裁判所が早見表を示していますので、そちらを参考にして養育費を決めるのもよいかと思います。

支払い方法

養育費の支払い方法は、毎月一定額を支払っていく方法と一時的に支払う方法があります。ほとんどの方が毎月一定額を支払う方法を選択しています。支払いは銀行や郵便局などの金融機関に振り込んで支払うかたちが一般的です。一時的に支払う方法はあまり選択されてはいませんが、離婚した後に相手方と連絡がつながらない可能性が高い場合や相手方の収入が不安定な場合は養育費を確保するために選択されることもあります。

支払い期間

養育費の支払い期間は、基本的には「子どもが社会人として自立するまで」とされています。

「18歳の誕生日まで」、「高校卒業まで」、「20歳の誕生日まで」、「大学卒業まで」などはっきりとした期間を決める必要があります。



▲ページトップに戻る

”あんしん”離婚相談

もちづき行政書士事務所

 

〒178-0061
東京都練馬区大泉学園町

1-16-21 103号
電話番号: 03-5935-9554

携帯電話: 090-1812-5133

mail: 

mochizuki.office@gmail.com

 

業務時間

AM9:00~PM9:00

土日も対応しております。

お気軽にご連絡してください。

 

 

 

業務対応地域

【東京都】

足立区(綾瀬・北千住・竹ノ塚)

荒川区(田端・日暮里・西日暮里)

板橋区(大山・下赤塚・成増)

大田区(蒲田・大森)

江戸川区(葛西・小岩)

葛飾区(金町・亀有・新小岩)

北区(王子・十条・赤羽)

江東区(東陽町・亀戸) 

墨田区(両国・錦糸町)

品川区(品川・大崎・五反田)

渋谷区(渋谷・恵比寿)

新宿区(大久保・高田馬場)

杉並区(高円寺・阿佐ヶ谷・荻窪)

世田谷区(下北沢・三軒茶屋)

台東区(上野・鶯谷)

中央区(銀座・日本橋・八重洲)

千代田区(神田・秋葉原・御茶ノ水)

豊島区(池袋・大塚・巣鴨)

中野区(中野・東中野)

練馬区(江古田・練馬・大泉学園)

文京区(湯島・御徒町)

目黒区(目黒・自由が丘)

港区(六本木・麻布十番・赤坂・新橋)

【東京都下】

昭島市・あきる野市・稲城市・青梅市

清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市

小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市

西東京市・八王子市・羽村市・東久留米市

東村山市・東大和市・日野市・府中市

福生市・町田市・三鷹市・武蔵野市

武蔵村山市

【その他の地域】

埼玉県(所沢市・朝霞市・川越市・志木市・新座市・和光市)

神奈川県(横浜市・川崎市)